ヘモグロビンA1C

ヘモグロビンと糖尿病診断

ヘモグロビンA1Cと糖尿病診断

ヘモグロビンA1Cは糖尿病診断に用いる検査の一つです。空腹時血糖と同時に測定することが多く、これらの数値をもとに糖尿病診断基準に照らし合わせ、糖尿病の治療を行います。ヘモグロビンA1Cはおおよそ1ヶ月前の血糖状態を反映すると言われており、患者の服薬や食事状況を推測することができ、次の治療方針を決定する上で欠かすことのできない検査となっています。数値が安定もしくは正常範囲内に収まることで、減薬や食事療法への切り替えなどの変更が行われることもあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不眠はセロトニンで解消できる All rights reserved